美味しいカレイ
の食べ方




役に立つ
引越しノウハウ



合計100本、ヨーロッパ、アメリカ、趣味等
カレイ資源調査:11月、12月は大物カレイ(40cm)の資源調査が面白い。 その数がまた半端ではない。1日で20、30、40匹も夢ではない。


カレイ資源調査 さあ資源調査に出かけよう!

カレイの仲間は世界中で100種類、日本では40種類ほどいるといわれています。
その中でカレイ目、カレイ亜目(カレイ科、ヒラメ科、ダルマカレイ科)の中のカレイ科は本家 本元でありその種類は13種類といわれています。

それらはババガレイ、スナガレイ、ヌマガレイ、クロガシラガレイ、オヒョウ、ソウハチ、メイタガレイ、 マツカワ、ホシガレイ、ムシガレイ、イシガレイ、マガレイ、マコガレイの13種です。
オヒョウは型も大きく(最大2m前後)、肉食性、口も大きく一見ヒラメの仲間ではないかと思われて いますが、口が右を向いているところからカレイ科に属します。

もっとも専門家は「口の向き」のみならず卵から孵化してからその成長過程を研究して体の内部の構造 からヒラメ科とカレイ科を区別しているので単に目がどちらを向いているかという単純な区別を していない。

上記13種類のカレイのうち一番美味といわれているのがマコガレイである。
次がイシガレイ、マガレイなどである。

標準サイズのカレイ 調子の良いときはダブルもある 科釣研が資源調査の基本としているNJ州地域のカレイはそのすべてがマコガレイである。
これは嬉しいことである。「食えない魚は釣らない」つまり「無用の殺生をしない」科釣研としては マコガレイ以外のカレイでは資源調査に困ることになる。

資源調査の現場はNJ州 Mounmoth CountyのShark RiverとSandy Hookに近い Navesink Riverの汽水域 である。
毎年秋になると外洋から産卵のためにカレイがそれらの汽水域に寄って来て厳冬期の1‐2月に産卵をすると 言われている。
その産卵期は禁漁となるが、12月末までは資源調査が可能である。特に11月、12月はシーズンの最盛期で 1日の成果が20、30、40尾も夢ではない。
その結果、すべてのメスは「子持ちカレイ」である。
また、今までの資源調査から分かったことは釣れるカレイの7割がメスの子持ちカレイである。

外道:うなぎ(春、秋)、エイの仲間(小型)

資源調査に出かけるための準備

《 服 装 》
冬場の資源調査は防寒を完全に… 11月から段々と冷えていき12月ともなると厳寒の気候になるので服装は「冬場の完全装備」を心がけ ましょう。 特に足回りが冷えると身体全体が冷えることになるので普通の靴下の上に更に毛糸の厚手の靴下を 履くことを勧めます。
長靴でもスニーカーでも可能ですが、できることならInsulateされた冬場のアウトドアー専用の靴が 良いでしょう。
スポーツ用のサーマルポット(魔法瓶)で熱い飲みものを持参できれば更に寒さ対策になります。

《使用タックル》
タックルは特別なものは要りません。普通の釣りに使用する道具があればOKです。以下は科釣研の標準 装備です。

道具 詳細
ロッド(竿) 6~7フィート。グラファイト、2本並継ぎ、ミディアム・ライト
リール ベイトキャスティング・リール(両軸リール)ラインは8‐16ポンド
仕掛け 40ポンドの糸使用、2~3本バリ
ハリス シーガー・カレイブラック3~5号
ハリ ロングシャンクのカレイバリ(アメリカ製)
又はワイドギャップの小さいものは唇に掛かるのでハリ外しが楽。
どんな釣りにも言えるがハリ先は魚がエサをなめただけでもハリ掛かりするくらい鋭いものを使用することが 肝心。
科釣研では可能な限りガマカツを使用することにしている。
食い渋っている時は日本製の流線バリが良い。
オモリ 1.5~3.0オンス
エサ サンド・ワーム(ゴカイ)
コマセ クラムチャム(日本では使用しないが当地では普通)又は大粒の貝
その他(貸しボート) 1日$47.00/艘(3人まで乗船可能)無理して4人。

科釣研で実績を出しているカレイ用のシーガー・フォースのブラック・ハリス
仕掛けの種類(糸の太さ、種類等)には割と無頓着なカレイであるがブラック・ラインは実績がある。
又、ハリは日本製のカレイ用の金バリ流線もよいが黒色のハリも釣果が良い。

科釣研では11月、12月の間原則として毎週土曜日に資源調査を実施します。
参加する場合はメールでお問い合わせ下さい。
(参加費等はありません。実費のみ各人負担。)

春のカレイ釣りは3月半ば~5月末までのシーズンのうち3月、4月前半は気温、海水温が低い場合は 成果に非常にバラツキがあります。(ボウズも覚悟)
また、暖かい日(60~70度F)が1週間も続くとカレイは一斉に沖に出てしまうのでそのタイミングを 逃すと全く釣りにならない。つまり、チャンスを逸してシーズンが終わってしまうので難しい資源 調査である。
Shark River 現場の地図

現場の週間天気予報

カレイはこう釣る!




        釣ったカレイは後でカウントするまでネット内で生かしておく必要がある。
        写真下左:良型の刺身サイズのカレイ
        写真下中:キャッチ・アンド・リリースのための生かしネット
        写真下右:ネットの中には22匹のカレイがいる。

        潮見表カレンダー  


The Science Fishing Institute(科釣研)
E-Mail:
Science Fishing Institute
PW-fish