役に立つ
引越しノウハウ






日本の渓流釣り







ニュージャージー州の釣り事情に付いて 説明します。





The Trout

ニューヨーク周辺のFresh Water Fishing と言えば、 Catskill Mountain Area (New York State)、 Stokes Forest National Park Area (New Jersey State)、 Pocono Mountain Area (Pennsylvania State)が Big Three と言われている。

夏場はピクニック、冬場はスキーで賑わうリゾート地でもあります。
この地域の Fishing といえば、何と言っても Trout Fishing が筆頭にあげられます。又、"Fishing" イコール"Trout"と相場が決まっているといっても過言ではありません。


Fishing License

さて、この地域で Trout Fishing をする場合は "Fishing License"と呼ばれる「入漁券」を購入する 必要がある。
「一日券」、「週券」、「年券」等があるが、年券のほうが割安なのでほとんどの場合「年券」を購入する。
予算は$30ほどである。日本と比較してもかなり安い。

州単位でライセンスを買う必要があるが、ライセンスを買うに当たっては身分証明書(運転免許等住所を証明できるもの)が必要になる。
なぜなら、居住地の州のライセンスは安いが他州のライセンスを買う場合は5割増しくらいになる。
身分証明書がないと自分の居住している州のライセンスでも1.5倍の 値段で買う必要が出てくる。旅行者などは1日券、1週間券を買えば安いので身分証明書が なくても年券を買うよりは安くなる。

12才以下の子供は料金が要らない場合があるので釣具屋で聞いてみよう。この場合は11才とか、年齢の割には背が高いとかいう場合は 年齢を証明できるもの(パスポートとか)を提示しないと大人扱い(12才以上)される場合もある。

いずれも州政府の直轄の施設で養殖された Trout (Rainbow、brook、brown)が州内の各河川に放流 されたものを釣ることになるが、Troutはこのように「コストの掛かる魚」であるためそれを釣る場合には通常のFishing License の他に "Trout Stamp" (この資金が州政府水産庁のトラウト養殖経費の一部となる)を購入する必要がある。
  これが$20ほどである(年)。合計$50もあれば一年中州内どこの河川に於いても Trout Fishing が出来る。
町、村ごとに入漁券を買わなくて良い点が大変ありがたい。つまり州内どこの川に行こうが釣りができる。  日本のように「各漁協」ごとに料金を徴収されることがない。

しかし、各州ごとに管理されているため、Fishing License も各州ごとに購入する必要がある。
つまり、トラウトの養殖コストの一部を受益者(釣り人)が負担するということになる。

American Fresh Water Fishing というと一般的に北部諸州では十中八九が "Trout Fishing"と言われるほどトラウトの人気は抜群である。 バスフィッシングはマイナーな釣りである。
又、南部のフロリダ、ジョージア、テキサス州などでは Trout が棲息できないかわりに Bass Fishing が釣りの代名詞になっている。


(写真はスティールヘッドと呼ばれる降海型のレインボー)

北部諸州の釣り

北部諸州では、圧倒的にトラウトの人気が高く、「釣りはトラウト」と言って良い。
"Native"の Fish が少ない(いない)のはいずこも同様である。State Of New York,New Jersey, Pennsylvania も例外ではなく、かなりの部分を放流に頼っている。

ニュージャージー州は99%が放流であるため禁漁期がない。つまり、1年中トラウトフィッシングが できる珍しい州である。例外は毎年3月中旬から4月第一週の金曜日までが「放流期間」になるため、その2週間ほどの間だけ釣りはできない。4月第一土曜日が春のシーズン開幕日となる。
その後も5月末まではほとんど毎週放流が続くがどの河川も放流日が決まっており、その当日は釣りをしてはいけない。しかし、トラウト以外の魚を釣るのは自由。トラウトが釣れた場合は即放流をすることが義務付けられている。

ニューヨークやペンシルバニア州は山が多いのでトラウトの自然繁殖も期待できるため禁漁期を設定している。一応、3月1日から9月30日までが解禁期である。しかし、一部河川では11月30日まで釣りができるところもある。(キャッツキル地域の一部河川)
例外はサーモンが遡上するサーモン・リバーで、この河川は12月31日まで釣りができる。

年券ライセンスの有効期限は禁漁期のあるニューヨーク州は10月1日から翌年の9月30日まで。オンタリオ湖から遡上するサーモンは9月半ばから釣れ始めるが途中の9月30日で釣り券の期限が切れるので注意が必要である。
初めて行く人は9月にライセンスを買わないことである。数日で期限切れになってしまう。その場合は割高ではあるが1日券か7日券(一泊二日の釣りに行く場合等)を買うことを覚えておこう。1日券とは言っても年券の70%くらいの料金なのでかなり高い。早い話が10月1日以降に釣りに行くのが得策となる。
ニュージャージー州は1月1日から12月31日までのカレンダーどおりである。

Trout を釣らないのであればこのエキストラは要らないが、Trout以外の魚はほとんどいない川であるため 釣りにならない。(バス、クラッピー、ニゴイ、鯉、その他雑魚数種のみ)
湖沼にはバス、クラッピーが棲息するが通常ライセンスで釣りが出来る。


岩崎文修
Tackle

(ライセンス=釣り券)
Fishing License はほとんどの釣り具店で購入が出来るので便利である。

(竿)
釣り道具は日本から持っていくのが面倒な場合は「現地調達」が簡単である。日本で買うより安い ことは言うまでもない。しかしながら、「アメリカの釣り」=「キャスティング」なので「振り出し竿」 はまず売っていない。
どの店でもリール竿90%、フライ竿10%くらいの割合で置いている

6ftから10ftの並み継ぎ竿(2-3本継ぎ)が全てと言って良い。(Fresh water 用として)
竿、リールのセットで$50も有れば充分(カーボンロッド、100m巻きリール)である。

(お店)
Fly Fishing の道具は発祥の地であるので困るものは何も無い。Orvis の店はNYにもNJにもある。
ブランドにこだわらないなら他のスポーツショップとか日用雑貨のスーパー(Walmart、K-Mart、Target、Sports Authority等)で買うことをお勧めする。充分使えるし安い。

License と込みでも$100有れば準備は完了。その後ずっと釣りが楽しめる。

(ウェダー、長靴)
河川での釣りではニーブーツ(長靴)は持って行ったほうが良い。コストは$30-$40から。
湖沼で釣りをするならともかく、河川ではニーブーツは必需品である。長い目で見れば、チェストハイ(胸までのサイズ)のウェダーを買うことをお勧めする。
素材はネオプロピレンの厚手のものか、ゴム製、ゴアテックス製の三種類が一般的だが、冬場でも釣りをする人はネオプロピレンがお勧め(防寒になる)、夏場だけの釣りならゴム製(安い)、ゴアテックス(高いが蒸れない)がお勧め。
いずれもぴったりサイズよりはちょっと余裕のある大きめのサイズを買うのが良い。着たり脱いだりするのが楽である。

これで準備は完了。  本場での Trout Fishing を楽しもう。

ニューヨーク州近辺では Fly Fishing と Bait & Lure Fishing の割合は五分と五分というくらいです。


続きを読む

ヒラメがガンガン釣れる
ニューヨーク(アマゾン)
詳細はこちら

ニューヨークで釣る
キングサーモン(アマゾン)
詳細はこちら

キャッツキル
フライフィッシング (アマゾン)
詳細はこちら

The Science Fishing Institute(科釣研)